カンタン・自由に旅行をプラン

カップルで旅行を楽しむには

チェコからハンガリーへ移動 その前に大失態 新婚旅行6

2015年の新婚旅行を綴っています。

 

いよいよプラハからブダペストへ。今回は荷物移動を楽にするため、バスにしました。

 

まずはバスターミナルへ。

f:id:fucumomo:20171116231111j:plain

 

両替があったり、小さなコーヒーショップがあったり、施設としては結構きれいです。

 

事前に「バスは指定席なのに意味をなしていない」ということをネットで情報収集していたので、30分くらい早めにターミナルに到着し、すぐに乗り場に並びました。

 

その時点で、かなり列の頭の方。

 

うん、これなら席のことは大丈夫。なんせ長時間の旅になるので、せっかくの新婚旅行なので隣同士がよかったので。

 

さて、いよいよバスが入構。

私「じゃ、私は先に乗って席を確保するからあなたは荷物をお願いね♪」

夫「OK!任せて!」

と意気揚々の二人。

 

しかし…私が乗ってすぐ、背中に夫が声をかけるのです。

夫「スーツケースに料金が必要だって!どうしよう、お金ないよね?」

そうなのです。昨日、私たちは現地通貨を気持ちよく使い切っていたのです。

 

私「うそ…」

頭の中でグルグル考えます。

・ターミナル内の両替に行く?いやいや、時間が間に合わない。

・日本円渡す?いやいや万札しかないよ。

・やばい、やばい、どうする私?

 

その時、夫から神のような発言が。

「ユーロで支払ってもいいって」

まじか~!!!

 

実はハンガリーは通貨がユーロで、過去のヨーロッパ旅行で残ったユーロが手元にあった私たち。しかもラッキーなことに少額紙幣を持っていました。

 

いや~助かった。レートで言うと、チェココロナで支払った方が多少得なのですが、そんなことは言ってられない。

 

とりあえず、支払って事なきを得ました。

 

予約用紙を見ると、ちゃーんと荷物一つにつきいくら、と書いてあったんですがよく見なかった私のミス。

 

楽観的な夫は「おれ、どうにかなるかと思ってた~」と。

助かる!そういうマインド、超助かるよ。と、悲観的になってしまいがちな私は新婚旅行で早くも「結婚してよかった…」としみじみ思ったのでした。

 

気を取り直して、いよいよブダペストへ!甘いもの、食べまくります。

 

お金がなくちゃヨウモタセナイ?ヨーロッパのトイレ事情

新婚旅行記の途中ですが、夫が旅行前に「めちゃくちゃ」心配していたトイレ事情をご紹介。お食事中の方、すみません。

 

ヨーロッパと言えど、広く西欧は日本の事情とかなり近いもののウオッシュレットなんていうものはほとんどありません。でもお金がなくても入れるトイレは多いし(というかお金がないと入れないトイレにあまり出会わない)旅をしていてもあまり困らないな、という印象。

 

しかーし、今回私たちが旅行したのは東欧。そうするとちょっと事情が変わってきます。

 

こちらはかなりの確率で公衆トイレはお金が必要でした。例えばプラハ城内のトイレなんかがそうでした。その分、ある程度はきれいになってるかな~と思いますが、小銭の準備は必要です。

 

ただ、旅行していると「小銭がない!」という場合もちらほら出てきて、「げっ!やばい!ちょっと、どうしよう…」ということになりかねません。小銭の事前準備は必須、と感じました。

 

夫はトイレに関して超が付くほどの心配症で、旅行前から「トイレどうしよう…」と、なんならその点だけで旅行に行くのをためらうほどでした。

 

日本でも公共のトイレはできるだけ使わないくらいで、「ぴっかぴか」が基本です。

 

そんな夫と旅行中に気を付けていたのはこんな↓こと。

 

  • 夫婦でいつも同じタイミングでトイレに行っておく
  • カフェやレストランに入ったら必ずトイレに行く
  • デパートなどの設備が整っていそうな場所でもトイレに行っておく

 

ちょっとしたことでも、これらを実行しておいたら、とってもスムーズに旅をすることができました。ぴっかぴか、とまではいかなくてもある程度の環境は整っていたため、夫も安心だったようです。

 

夫も「これを↑守ったら、意外と心配しないで過ごすことができてよかった」と言っています。

 

ちなみにカフェやレストラン、デパートでも小銭が必要な時はあります。それでもできるだけ、「綺麗」なところで用を済ませておく、というのは環境があまり整っていない東欧では必要ですね。

 

トイレが気になってしょうがない、というあなたのご参考になれば幸いです。

 

ではよい旅を!

 

f:id:fucumomo:20171115224259j:plain

ビールが美味しいプラハのレストラン 新婚旅行5

2015年の新婚旅行を綴っています。

 

さて、プラハ最後の夜。

 

それまでまーったく旅行のプランニングに興味がなかった夫がなんと

「行きたいお店があるんだけど」と言うではありませんか。

 

私「なになに??それどこなの?」

夫「いや、ちょっと調べてみたんだけどさ。醸造所直営のレストランがあるみたいなんだよね。」

私「へ~。いいじゃない行ってみよう。」

 

というわけで夫が調べたお店へ。

 

ちなみに夫は旅行中に「お店を調べから行くと満足度が上がる」ということに気が付いたらしく、ちょこちょこトリップアドバイザーでレストランを調べていたみたいです。

 

そして着いたのがこちら。この写真から夫のウキウキ感が伝わるでしょうか。

f:id:fucumomo:20171114222433j:plain

 

f:id:fucumomo:20171114222744j:plain

ビールの種類も豊富だし、お料理もお手頃で美味しい。さすが、トリップアドバイザーでも高評価なだけあります。

 

調べてくれた夫に感謝。プランニングするのは好きだけど、やっぱり夫も参加してくれるのはうれしいな~。

 

注文したのは、食べてみたかったチーズのフライとグラーシュ。写真はチーズのフライです。それぞれ一皿ずつしか注文しませんでしたが、私はあまりおなかがすいていなかったのでちょうどいい感じでした。

f:id:fucumomo:20171114223517j:plain

 

ホテルに帰るついでにパン屋さんのポールに寄って、翌日の朝ごはんを調達。

小銭はほとんど使い切り、「私たちってお金の使い方、うまい!」と自画自賛

しかし、それが翌朝思わぬ展開を引き起こすとは夢にも思わないのでした。

 

次回につづく。

 

今日ご紹介したレストランはこちら。

www.tripadvisor.jp

 

 

プラハでミュシャの名画と出会う 新婚旅行4

2015年の新婚旅行を綴っています。

 

今日は念願のミュシャのスラブ叙事詩を見に行きます!

 

今回のプラハ、最大の目的であるスラブ叙事詩。以前はプラハから距離のある場所に展示されていたようなのですが、少し前からプラハ市内のプラハ国立美術館に展示されているのでアクセスは楽チン。

 

とにかくこれが今日の目的なので朝はゆっくり起きて、トラムで美術館に向かいます

 

建物は「え?ここ?なんか美術館ぽくないけど…?」という感じの超現代的な建物です。なんというかオフィスビルのような感じなんですよ。

 

スラブ叙事詩は20枚に渡るミュシャの超大作です。一枚一枚見ていくと、結構時間がかかるし、結局私たちはお昼ご飯も美術館のカフェでいただくことにしました。

 

f:id:fucumomo:20171112214339j:plain

 

f:id:fucumomo:20171112214359j:plain

 

ここが当たり!

 

注文したキッシュも美味しかったし、何よりとても居心地がいい。軽めの食事をしたかった私たちには量もぴったり。

 

スタイリッシュなカフェでした。(ちなみにここでもビールを飲む夫…。)

 

明日はいよいよプダペストへ移動。というわけで、ホテルからバスターミナルまでの道順(トラムに乗る)を念のため確認しておくことに。

 

これが、やってみて本当に正解!

 

夫「このトラム。思ってる道と違うところ走ってる…」

私「やっぱり?薄々気づいてた。やばいよね?」

夫「やばいよ。降りよう。」

 

なんと道路工事のためにトラムが違うところを走って(迂回して)いたんですよ!!気が付いてよかった…。地図の読める夫と結婚してよかったと思う私。

 

でも、こんなことでめげる私たちではありません。ここは準備万端!実は歩いてバスターミナルにも行けるホテルに宿泊していたので(トラムに乗った方が楽ちんではある)、とりあえずスーツケースで問題なく(段差なく)行けるかどうかの確認に急遽変更。

 

結局、全く問題なく行けることがわかったので一安心。それにしても、プラハは至る所で道路工事をしていたのでトラムで予定を立てる場合は要注意ですね~。

 

そしてプラハ、最後のお夕飯に続きます。

海外のレストラン 注文の仕方

閑話休題

 

食べる食べるって言ってるけどそれほど食べていないように見える私たちの食事。でも一皿一皿はかなりの量になります。今回はビールも飲んでるし、実際結構食べてます。

 

でも過去には一皿一皿の量がわからなくて、「いくら食べる私たちでも、これ二人じゃ無理でしょ…」という量を頼んでしまったこともしばしば。日本の感覚と全然違うんですよね。

 

というわけで、今回の旅行でも注文しすぎないように気を付けていました。

 

とくにサラダと名のつくものは要注意。

 なぜなら日本のサラダはサイドメニュー的な感じですが、ヨーロッパではれっきとした一皿のお料理。だからサイドメニューだと思って頼むとえらいことになります。

 

しかもメイン料理も1つ1つが大きめ。メインにフライドポテトやポテトチップスが付いてくる、という感覚は日本でも随分メジャーになってきてはいますが、やはりまだまだ想像よりはるかに多いのですよね。

 

だから、オススメはとりあえずメイン料理を一皿とサラダを一皿頼むこと。ここにスープなどを注文するのはありです。でもスープも一皿にしておいた方が無難。

 

まぁ可能であれば、スープの大きさを聞けばもっと確実。

 

日本に比べるとどうしても野菜の摂取量が少なくなりがちになるので、そういった意味でもサラダとメインを頼んでシェアするのはオススメです。

 

今回泊まったプラハのホテルは朝食が割とよかったのですが、場所によっては野菜やフルーツがほとんどないところもあるので、ランチやディナーで野菜を摂取するようにするといいですね。

 

女性はお通じもよくなるのでオススメです。

 

ちなみにフランスのボルドーで食べたサラダはこの大きさ!

f:id:fucumomo:20171110213741j:plain

 

もはやこれがメインなのではないか…というボリューム。

 

ではよい旅を!

 

ご質問があったらいつでもコメントからどうぞ。

チェコと言えばビール~市民会館のビアホール~ 新婚旅行3

2015年の新婚旅行を綴っています。

 

さて、観光初日の夕飯は有名な市民会館のビアホールへ行ってみよう!ということになりまして、訪れたのはこちら。

f:id:fucumomo:20171108221012j:plain

 

www.tripadvisor.jp

 

ビアホールは地下一階のブルーのタイルが印象的なこのお部屋です。観光客ばかりですが、メニューにも英語が表記されていて見やすいですし、にぎやかなのでしゃべりやすいし、逆にそこがいいかも。

 

私「どれ頼む?」

夫「肉がいいね!」

私「お肉はお昼も食べたじゃん」

夫「お肉は夜も食べたいんだよ」

 

まぁ、もともとお肉が好きなのはわかっていたつもりでしたが、ここまで肉好きとはね~。やっぱり新婚旅行ってお互いの普段とは違った面を見るいい機会です。

 

ということで頼んだのがこちら。

f:id:fucumomo:20171108221123j:plain

 

f:id:fucumomo:20171108221202j:plain

 

もちろん、ビールとともにいただきました。

あぁ、美味し。お昼にも感じたことですが、どのメニューを頼んでもほんとに日本人の口にあったものが出てくるんですよね~。

 

食べること好き!肉が好き!ビールも好き!っていうカップルにはチェコをオススメしたい。

 

ここからホテルは歩いてわずか。近いので帰りも楽でした。

 

明日は念願のあの絵を見に行きます!

やっぱりお肉+チェコビールは最高! 新婚旅行2

2015年の新婚旅行を綴っています。

 

イェイ!今日からいよいよ新婚旅行本番!プラハの街をたのしみますよ~。

まずはお決まりのプラハ城へ。

 

しかし最寄り駅を降りてすぐ…

「あれ?お城どっち?」

「え?こっちじゃない?」

「いや、あれじゃないの?」

と完璧、迷子の私たち。

 

でもこんなときはとにかく地図を見ろ!ですよ。

旅行初心者にありがちなのが「地図見てたら、旅行者ってバレバレで狙われちゃう」ことを心配して地図を見ようとしないこと。

 

でもよーく考えて。ここはヨーロッパ。アジア人の私たちがお城の最寄り駅でうろうろしてたらどう見たって旅行者です。地図を見ていても見ていなくてもね。

 

というわけでとにかくベンチに座って今一度確認。

「やばーい。あそこに見えてるのがお城だと思ったら違ってた。」なんてことを言いながら軌道修正。(それにしても、ヨーロッパの建物ってちょっと大きくてゴージャスで丘の上に立ってるとみんなお城に見えますよね~。)

 

f:id:fucumomo:20171106210337j:plain

 

お城では「衛兵交代見ようよ!」ってことになりまして。

バッキンガム宮殿に始まった衛兵交代の見学も今や各国で観光客を呼ぶイベントになりましたね。バッキンガム宮殿のは「さすが~」と思うのですが、正直他の国のは何となく地味。

 

f:id:fucumomo:20171106210415j:plain

 

しかし、ここプラハ城の衛兵交代は演奏もあり、結構な時間かけて行われ、観光客もすごい数でした。うーん、だけどちょっと長すぎるんですねぇ。衛兵さんたちの歩く距離が長いというのもあって、間延びするというか…。終わったのかな?あれ、まだ続くんだ…。という感じで終わりが見えないんです。

 

f:id:fucumomo:20171106210517j:plain

というわけで、食事に目がない私たちは途中で失礼してランチに。こちらはビール醸造場の直営レストラン。

夏ですから屋外で、ビールなどなど…。

夫「やっぱりチェコビール最高だね~」

私「せっかく結婚して痩せてたのにまた太っちゃうね~」

夫「大丈夫だよ!観光して歩いてるもん」

私「それ以上に飲んでるよね」

帰国後、夫の体重が5kg増えたことは言うまでもなく…。

夫も言ってましたが、あちら(東欧)ってお肉料理が美味しいんですよね。だからビール片手についつい頼んじゃう。正直、お料理にはそれほど期待していなかったのでうれしい誤算でした。

 

f:id:fucumomo:20171106210619j:plain

 

f:id:fucumomo:20171106210646j:plain

 

このレストラン、図書室の天井がとてもきれいで有名なストラホフ修道院の近くのお店で観光客向けですけど、おいしくってオススメです。

www.tripadvisor.jp

 

そして夜は憧れのあの建物へ潜入!~つづく~